リースとレンタルは細かい部分は似ているものの大きく異なります。

レンタルとの共通部分を比較をしていく

書類にサインする男性

企業が備品や物件を手に入れる負担を軽くするためには、リースを活用する方法が一般的です。
このように購入とリースは使い分けが明確ですが、リースを考える際は“レンタル”という似通った取引についても検討しなけばいけません。

 

人によっては同一のサービスと勘違いしている場合も見受けられるため、経営者ならばリースとレンタルの違いをしっかりと把握しておきたい所です。
まずはそれぞれの“共通点”をリストアップした上で、大きく異なる点について比較していきましょう。

 

リースとレンタルの比較ポイント
  • サービス期間の長さ
  • 解約に関わる契約
  • 料金のスケール感
  • 契約満了時の選択肢
  • 保守サービスの扱い
  • 選択可能な備品の種類

 

リースとレンタルにおける大きな違い

サービス期間の長さ

一般的にレンタルは数日単位で可能、リースは10年規模で行われる場合も珍しくないという印象です。
リース取引には、国税庁が定めた減価償却資産の“耐用年数”という考え方が基本にあり、リース期間を自由に設定できるわけではありません。
下限と上限の年数が厳密に定められているため、リース期間は長くなる傾向にあります。

 

解約に関わる契約

レンタルは気に入らない点が見つかれば契約の途中でも解約が可能ですが、リースは基本的に途中解約が不可能です。
また、リース会社との合意の上で途中解約が可能な場合もありますが、途中解約した時点での残リース料相当額を“違約金”という形でほぼ全額負担しなくてはいけないため、解約は非常に重い選択肢に挙げられます。

 

料金のスケール感

総じて、リース料よりレンタル料の方が高いというのが一般的です。
なぜなら、レンタル料には借り受けた備品や物件が故障・破損等の被害を受けた場合に、“レンタル会社が修繕を行うための費用が含まれている”といった理由が挙げられます。

 

契約満了時の選択肢

レンタルを行った場合は、レンタル期間が終了すれば返却を行うだけです。
以前流行したCDのレンタルを例に取ってみると判りやすい仕組みとなっています。一方でリースの契約が満了した際は、多くの企業で“再リース”と言う形で契約を自動更新することが可能です。

 

再リース後は月額料金がそれまでの契約における料金の1/10ほどに割り引かれるケースも珍しくなく、備品に何も文句が無ければ、多くの企業はそのままリースを続行することを選択します。

 

選択可能な備品の種類

レンタル会社は“自社の製品を月額制で貸す”といったシステムが一般的です。
一方でリース会社は、顧客の希望があれば複数のメーカーにおける備品や物件の中からリースする資産を選んで提供します。
備品や物件にこだわりがある場合は、リースの方が有利に働く場合も多く見受けられるのです。

 

>>ファイナンスリース取引の特徴とは?物件での契約が多い理由

 

長い目で見ればリースがオススメ

笑顔で人指し指をたてる女性

レンタルとリースは似たようなサービスですが、少しずつ異なる点が見受けられるため、同一視してサービスを適当に選択するとギャップを生んでしまいます。
前述したような項目を参考にして「短期間補助的に利用したいならレンタル」、「購入したときのように定着させたいならばリース」と言ったように使い分けてはいかがでしょうか。