ファクタリングとファイナンスリースにはそれぞれ異なった特徴があります。

緊急に資金が必要となった場合、増資をして第三者に出資してもらう方法銀行から融資を受ける方法がありますが、どちらも手続きに時間と手間がかかり、緊急の資金需要に応えられません。
こんな緊急の資金需要に活用されている方法に、ファイナンスリースファクタリングがあります。
こちらでは、この両者の特徴を比較して活用方法の参考にしていただきたいと思います。

 

ファクタリングとは?

高層ビルを見上げる

ファクタリングとは、会社が保有している売掛金を専門業者(ファクタリング業者)に売却したり、保証会社に保証を付けてもらったりして、売掛金を有効に活用する仕組みです。

 

本来、売掛金は回収期日に現金化されますが、ファクタリング業者に売掛金を売却して期日前に現金を手に入れるのが「買取ファクタリング」というスキームです。
一方、信用度の低い取引先に対する売掛金が、先方の倒産などで貸し倒れた場合に保証金がもらえるのが「保証ファクタリング」というスキームになっています。
このうち、資金調達目的で活用されているのが「買取ファクタリング」です。

 

買取ファクタリングは、受取手形の割引のように、ファクタリング業者に手数料を支払って売掛金を売却するものです。
買取ファクタリングの手数料は、

 

  1. ①三者間契約(ファクタリング会社、売掛金の債権者と債務者):1%~10%
  2. ②二者間契約(ファクタリング会社と売掛金の債権者のみ):10%~30%

 

となっています。
ファクタリング業者に売掛金を売却した後は、売掛金の債権者が債務者から回収した現金はファクタリング会社が回収するのですが、債権者が受領した現金をそのまま着服することがあり、二者間契約の場合はファクタリング会社の貸倒れリスクが高いことから手数料が高くなっています。

 

ファクタリングとファイナンスリースの違い

買取ファクタリングは、対象物を手に入れるために資産を売却して資金を手に入れる手段であり、ファイナンスリースは、対象物を手に入れるためにリース会社がそれを購入してこれを貸し与える手段です。
これにより、手に入れた対象物が自社の資産となるか、他者の資産となるかが違ってきます。

 

コピー・ファックスの複合機

コピー・ファックスの複合機で確認しましょう。
買取ファクタリングでは、売掛金の売却代金で複合機を購入し、自社の固定資産として減価償却費や固定資産税を計算し、定期的に申告をして税金を納付します。
さらにメンテナンスのための保守契約を交わしたり、損害保険を付保したりする必要があります。
このほか、売掛金の売却時に、ファクタリング会社に対して手数料を一括で支払う必要があります。

 

一方、ファイナンスリースでは、ユーザーが利用する複合機はリース会社の所有物のため、ユーザーは固定資産の管理の手間も要らず、減価償却費と固定資産税の計算や保険を付保する必要もありません。
ですが、物件価格に諸経費と金利、税金やリース会社の管理費、そして利益が乗ったリース料を負担する必要があり、故障をした時の修繕費やメンテナンスの保守料に関しても自分で負担する取り決めになっています。

 

このように、買取ファクタリングでは初年度の費用負担が大きく、その後は負担が低減する特徴があり、ファイナンスリースではリース期間に亘り、均等に負担が続くという特徴があります。

 

ファクタリングとファイナンスリースの活用方法

このように、ファクタリングとファイナンスリースにはそれぞれ異なった特徴があります。
買取ファクタリングは、利益が出すぎたために費用を多く計上して法人税を抑えたい場合の節税対策に活用できます。
また、ファイナンスリースは、管理の手間を省き、費用を平準化して損益のバランスを良くしたい場合に有効です。

 

それぞれの特徴を最大限に活かし、賢くファクタリングとファイナンスリースとを使い分けるのが賢い活用方法となります。